冷え性の原因は女性ホルモン?生理不順が実は問題かも。

冷え性の原因は女性ホルモン?生理不順が実は問題かも。

冷え性の原因は女性ホルモン?生理不順が実は問題かも。

冷え性の原因は女性ホルモンとよく言われますが、そこには生理不順が実は関連しています。
冷え性に悩む女性の中には、生理不順に悩んでいる人も少なくなく、何の関係もなさそうな生理不順と冷え症には、実は関係があるのです。
冷え性の原因は、血行不良が関与しています。
生活習慣や環境などが原因で血行不良に陥ることが主に多いのですが、女性の場合、男性よりも筋肉量が少ないので、冷え性になりやすい傾向にあります。
また、卵巣や子宮などの臓器は、血液が滞りやすい部位でもあります。
生理不順が冷え症の原因と考えられるのは、冷え性で血行不良に陥ると自律神経のバランスが崩れやすくなるからです。
女性ホルモンの分泌を担っている脳下垂体と自律神経の働きをコントロールする視床下部は、互いに影響し合っていて、冷え性は女性ホルモンのバランスが崩れることで、生理不順を起こしてしまうのです。
生理不順は、女性ホルモンのバランスが乱れることで起こるので、生理不順を改善するには、冷え性を改善させないといけません。
生理不順でかつ冷え性の人は、早めに冷え性改善対策を講じる必要があります。