キャベツと豆乳を同時にとると女性ホルモンによくないって本当?

キャベツと豆乳を同時にとると女性ホルモンによくないって本当?

キャベツと豆乳を同時にとると女性ホルモンによくないって本当?

 

女性ホルモンを増やしたいという場合に効果的なのがキャベツと豆乳です。
キャベツに含まれるボロンという成分は、女性ホルモンを増やすサポートになります。
直接女性ホルモンの一種であるエストロゲンの増加に効果的です。

 

対して豆乳の原料である大豆には大豆イソフラボンという女性ホルモンに似た働きのする働きがあります。
大豆イソフラボンが女性ホルモンの代わりをするため、バストアップや美肌効果などを期待することができます。

 

ただし、注意したいのが大豆イソフラボンを摂取しすぎると体がエストロゲンが必要ないと判断してしまい、エストロゲンの分泌量を減らしてしまうことがあります。
キャベツからボロンを摂取して直接女性ホルモンの量を増やそうとしても、エストロゲンの分泌量が減ってしまうこともあるため併用すると逆効果になってしまうことも考えられます。
女性ホルモン自体を増やしたいという場合には、キャベツを摂取することがオススメです。
キャベツを生で摂取することによってボロンだけではなく、ビタミンCなども摂取することができ、バストアップや骨量を増やすなどの健康効果のほか、美肌効果や免疫力を高める効果などを期待することができます。

 

ただし、注意したいのがボロンやビタミンCは熱に弱いということです。
しっかりボロンなどを取り入れたい場合には生で食べることをオススメします。

 

また、食品だけではホルモンバランスを整えることなどはできないため、規則正しい生活なども大切です。