20代の生理不順の原因とは?若年性更年期障害について知っておこう。

20代の生理不順の原因とは?若年性更年期障害について知っておこう。

20代の生理不順の原因とは?若年性更年期障害について知っておこう。

20代の生理不順の原因は、生活習慣の乱れが主に挙げられますが、原因の1つに、若年性更年期障害があるので注意が必要です。
日本女性の平均的な閉経年齢は、50歳前後と言われていますが、近年、若い人でも、更年期障害になる人が増えています。
ホルモンのアンバランスから自律神経の働きが乱れることで更年期障害が起こるのですが、20代の若い女性でも、生理不順になり、月経が無くなって更年期障害と同じような症状が出ることがあります。
若年性更年期障害は、若い人でも早発閉経に至ることがあるので、気をつけないといけません。
若い人が更年期障害と似た症状になるのは、ストレスや無理なダイエット、食生活など、不規則な生活が関係しています。
過激な運動なども原因になりますが、いずれにせよ、こうした生活習慣が、卵巣の働きを低下させ、ホルモンのバランスを乱し、更年期と同じような症状を露呈させることになります。
生理不順の原因が若年性更年期障害の場合、症状としてほてりや手足の冷え、骨量の減少、膣の乾燥や萎縮などがみられるので、そうした症状がある時は、婦人科できちんと検査を受けることです。